Doyukai
 関西活性化のために大阪府と市の統合を 最小化
関西活性化のために大阪府と市の統合を
 
 
2002年2月

社団法人 関西経済同友会

地域主権・NPO委員会 


 
目 次

概 要
全 文
 

Ⅰ 地域主権と関西経済の活性化(1)

1 地域主権の必然性  

2 「地域主権=魅力ある地域の形成」による関西の活性化(2)
 

Ⅱ 大阪府と大阪市における行政の見直し(3)

1 府と市の二重構造の弊害 
 

(1)府と市の行政の統一性の欠如 

(2)府と市の二重行政の弊害(9) 
  
 

2 広域大阪都市圏「グレーター大阪」形成の必要性(11)    

3 厳しい財政状況(12)
 

Ⅲ 府と市の役割見直し(13)                                                         

Ⅳ 提言「府市統合による大阪州(グレーター大阪)の設置」(15)                     

1 「大阪州」の概要
 

(1)位置付け~「関西州」への端緒

(2)大阪州のイメージ

(3)大阪州から関西州へ向けてのイメージ (16)          
 

2 統合による効果(17)
 

(1)住民のための新しい行政スタイルの構築

(2)広域行政の一元化

(3)重複行政の効率化

(4)組織の再編~機能の横断的一元化(18)

(5)財政の健全化

(6)府と市の一体的な行政による集中投資(20)

(7)関西のリーダーとしての大阪州

(8)関西州の州都建設
 
 

3 大阪州へ向けて~住民投票の実施を(22)

    平成13年度地域主権・NPO委員会 活動状況(23)

    平成13年度地域主権・NPO委員会 常任委員会名簿(24)


 印刷