我々の取り組み
関西・ハーバードフォーラムを開催
2016年7月26日
ボストン・シンポジウム等 海外との交流

関西・ハーバードフォーラムを開催

ハーバード大学ケネディスクールと関西経済同友会がつくるパートナーシップ基金は、7月26日、大阪で同大学教授陣を招いて「関西・ハーバードフォーラム」を開催した。これは、本会創立70周年を祝う事業の一つ。

フォーラムでは、同大学若手研究者のカール・バイヤーズ公共政策非常勤講師とミッチェル・ワイス経営学上級講師が別々に午前・午後の2回、大阪側参加者2グループと少人数形式のセミナーを実施。「起業家精神」や「ベンチャーエコシステム」などをテーマに活発な意見交換を行いました。夕方には、エズラ・ボーゲル名誉教授が約200名の会員を前に「日本の過去、現在、未来への展望:米国とアジア諸国の観点から」と題した講演を行いました。

PeakMemoryUsage: 24.5MB