代表幹事コメント

万博誘致に関する閣議了解について

2017.04.11update

代表幹事 蔭 山 秀 一

○ 本日、政府は大阪における万国博覧会の誘致方針について閣議了解した。2025年の万博誘致に向けて、真のスタートを切ったものとして歓迎する。

○ しかしながら、立候補の方針が決まっただけであり、他国の立候補都市との競争に勝たねばならない。誘致競争に勝ち抜くためには魅力ある構想と実現可能な計画が必要である。

○ 大阪への万博誘致の実現には、官民一体となった機運醸成等が欠かせない。資金負担等の課題はあるが、経済界としてもオールジャパンで取り組んでまいりたい。当会も最大限協力する。

○ 会場候補地である夢洲は万博のみならず、IRの誘致も計画している。今回の閣議了解を契機として、万博開催とIRの早期開業を見越した夢洲全体のマスタープランを早急に描くべきである。

以上

代表幹事コメント