代表幹事コメント

本庶佑 京都大学特別教授のノーベル生理学・医学賞受賞について

2018.10.01update

代表幹事 池 田 博 之

○ 今年のノーベル生理学・医学賞を京都大学・本庶佑特別教授が受賞した。心よりお祝い申し上げるとともに、関西の研究者が受賞したことを大変誇りに思う。

○ 本庶氏が発見した免疫チェックポイント分子「PD-1」は、様々ながんに対して有効な新薬の実現に繋がった。がん治療に新たな道を切り拓いたこの功績の偉大さは計り知れない。

○ 優れた大学や研究機関が集積する関西において、今回の受賞がライフサイエンス産業の更なる発展に大きく寄与することを期待するとともに、我々経済界としてもいっそうの取組みを進めていく。

以上