代表幹事コメント

第4次安倍再改造内閣の発足について

2019.09.11update

代表幹事 池田 博之

○ 本日、第4次安倍再改造内閣が発足した。外交、通商、安全保障、財政等課題が山積する中、新内閣が「安定と挑戦の両立」を達成することを期待する。

○ 我が国の安定に向け、取り組むべき最優先課題は「財政健全化」である。これ以上将来世代にツケを回さぬよう、痛みの伴う改革をやり遂げていただきたい。また、人生100年時代を迎えるにあたり、国民が安心して暮らせるよう、年金制度改革ならびに将来の資産形成を行いやすい環境整備への着手を求める。

○ 我が国が挑戦し、必ず実現すべきは「デジタル社会への移行」である。世界規模で進むデジタル化の流れから取り残されぬよう、規制の緩和・撤廃、最先端技術の社会実装、科学技術分野への重点的な投資を行っていただきたい。加えて、イノベーションの創出に向けたスタートアップ支援、生産性向上に資する抜本的な労働市場改革を始めとした成長戦略の実現がなされることを望む。

以上