• Home
  • 我々の取り組み
  • スポーツコミッション関西が「インターカレッジ・コンペティション2016」を開催
我々の取り組み
スポーツコミッション関西が「インターカレッジ・コンペティション2016」を開催
2017年1月27日
関連団体の取り組み

スポーツコミッション関西が「インターカレッジ・コンペティション2016」を開催

スポーツコミッション関西は1月27日、「インターカレッジ・コンペティション2016」を開催しました。
これは、産官学連携の取組みで「関西WMG(ワールドマスターズゲームズ)2021」を成功に導くための活性化策の一つ。WMGを盛り上げるため、次代を担う大学生から従来の慣行にとらわれない柔軟な発想やアイデアを募るべく、プレゼンテーションによるコンペ形式で行うものです。

 決勝審査員は、早稲田大学スポーツ科学学術院 原田宗彦教授、関西WMG2021組織委員会 木下博夫事務総長、日本体育協会 岡崎助一副会長、アスリートネットワーク 柳本晶一理事長、関西広域連合 中塚則男本部事務総長、そして本会の蔭山秀一・鈴木博之両代表幹事の計7名が務めました。

 昨年を上回る22チームの大学生、大学院生が参加する中、決勝では6チームによる熱いプレゼンテーションが披露され、以下の通り、それぞれ各賞が贈られました。

・最優秀賞:神戸大学 発達科学部 長ケ原ゼミ 三浦チーム

・関西ワールドマスターズゲームズ2021組織委員会賞:近畿大学 経営学部 高橋ゼミ 冨チーム

・日本体育協会賞:近畿大学 経営学部 高橋ゼミ 山本チーム

・関西経済同友会賞:徳島大学大学院 総合科学教育部 佐藤ゼミ 武知チーム

・関西広域連合賞:高松大学 経営学部 正岡ゼミ 香西チーム

・スポーツコミッション関西賞:関西大学 人間健康学部 西山ゼミ 米谷チーム

また決勝進出がならなかったチームからもプレゼンテーション賞、ネクストジェネレーション賞が各々3チームに贈られました。

詳細は、以下スポーツコミッション関西の記事でご覧いただけます。
http://www.sckansai.jp/contents/compe/inkare2016_report/

PeakMemoryUsage: 24.5MB