提言・アピール

【緊急提言】貧困の連鎖を断ち切る効果的な教育投資を

2017.11.29update

一般社団法人関西経済同友会
子どもの貧困委員会

は じ め に
日本の子どもの7人に1人が相対的な貧困状態にある。この問題の解決には、貧困が世代を超えて引き継がれていく「貧困の連鎖」を断ち切ることが必須であり、そのトリガーは、教育機会の保障にある。
今般、政府は、「人づくり革命」に向けた2兆円規模の政策パッケージの骨格を固めた。少子高齢化が進む中、次代の担い手である「子どもたち」への支出を増やそうとする政策が提示される今回の流れは歓迎したい。
しかし、我が国にとっては、財政再建もまた重要課題である。財源に限りがある以上は、政策に優先順位をつけ、取捨選択していかなければならない。
我々は、このような問題意識のもと、貧困の連鎖を断ち切る効果的な教育投資を行うために、次の3つを提言する。

提言1 優先すべきは「就学前教育」である
~大学は給付型奨学金の拡充で対応を~

提言2 無償化とともに、「待機児童問題」を解消すべきである
~そのための財源と費用負担の議論を行うべき~

提言3 子どもの貧困対策の充実を図るべき
~必要な人に必要な支援が行き届く仕組みづくりを~

お わ り に
公的な教育支援の拡充は、社会全体で子どもを育て、その子どもたちが将来の社会を支える、というサイクルを確かにする優れた政策であり、賛成する。しかし、財政再建の命題のもと、財源には限りがあるため、「貧困の連鎖」を絶つという観点からは、しっかりとした根拠に基づいて政策に優先順位をつけ、教育だけに限らない機会の平等を実現する視点も考慮した上で、取捨選択することが必要である。

緊急提言を説明し、プレスからの質問に答える宮川委員長(於:大阪経済記者クラブ)

以上

提言・アピール

【緊急提言】貧困の連鎖を断ち切る効果的な教育投資を